安心を支える器具の紹介

安心を支える器具の紹介

ガスメーター「マイコンメーター」

ガスメーターは、お客さまのガスご使用量を計量するだけでなく、内蔵しているコンピューターで24時間ガスの使用状態を見守る安心機能がついています。「マイコンメーター」とも呼ばれます。

マイコンメーターの役割

マイコンメーターは、電気のブレーカーに相当する安心機能をもっています。
「ガス器具の消し忘れがあるのでは?」「ガスが漏れているのでは?」など、「異常なガスの使われ方がされている」疑いがあるとき、地震発生(震度5強相当以上の場合)などの非常時には、マイコンメーターが感知してガスを自動的にストップします。

マイコンメーターの主な安心機能

マイコンメーターの主な安心機能には以下のようなものがあります。

ガスを自動的に止める機能

こんなときは、マイコンメーターが感知して自動的にガスを止めて、メーターがランプ点滅などで警報表示します。

  • · メーターの大きさごとに定めた以上に多量のガスが流れた場合
  • · 長時間、一定量のガスが所定の時間以上流れ続けた場合(家庭用と一部の業務用)
  • · 震度5強相当以上の地震を感知した場合(10号以上では、ガスの流れのある時のみ)

マイコンメータがガスを遮断した後、自分でできる復帰方法

ガスファンヒーターの消し忘れ、お湯の止め忘れ、ガス漏れ、 震度5以上の地震などが発生すると、マイコンメーターがガスを止めます。

マイコンメーターのチェックポイント

  • · 表示部分が点滅し「ガス止」の表示が出ていたら、ガスが遮断されている状態です。
  • · 原因が異常使用の場合は、ガスの元栓を閉めてマイコンメーターの復帰ボタンを押せば、ガスが使えます。
  • · 復帰しても再び遮断されるような場合は、ガス漏れのおそれがあります。

※ガス漏れの場合はお客様担当営業所へご連絡ください。
担当営業所を検索する

マイコンメーターの復帰方法

復帰はご家庭で簡単にできますので覚えておきましょう。

1. 屋内・屋外のガス栓・器具栓をすべて閉めます。

この時メーター脇のガス栓は閉めないでください。

2. 復帰ボタンのキャップをはずし、強く押します。

ランプが点灯(1~3秒)したら、すぐに手を離してください。

3. 約3分後、表示ランプの点滅が終わるとガスが使えます。

最後に復帰ボタンのキャップを取付けます。
※正常に復帰しない場合や、不明な点がある場合は担当営業所にご連絡ください。
担当営業所を検索する

関連メニュー