沿革

  1. TOP
  2. 企業情報
  3. 沿革

伊藤忠エネクスホームライフ九州株式会社

2001年8月 伊藤忠燃料九州ガス株式会社から伊藤忠エネクスホームライフ九州株式会社に社名変更

株式会社イデックスガス

2001年4月 株式会社新出光傘下のLPガス販売会社8社が統合し、株式会社イデックスガスがスタート
2002年10月 株式会社新出光のLPガス部門を分社化し、株式会社イデックスガスに統合
2006年4月 伊藤忠エネクス株式会社、株式会社新出光、伊藤忠エネクスホームライフ九州株式会社、株式会社イデックスガスの4社間で合併準備委員会が発足
2007年1月 伊藤忠エネクスホームライフ九州株式会社と株式会社イデックスガスの合併を発表
2007年4月 株式会社イデックスガスと伊藤忠エネクスホームライフ九州株式会社が合併し株式会社エコアがスタート
2008年2月 福岡県と「災害時等における総合的支援体制に関する協定」を締結大規模災害に備えた支援体制を整備
2008年3月 大分九石販売株式会社(現:九州エナジー株式会社)のLPガス事業と有限会社ガスメイツを取得
2008年11月 宮崎県と「災害時等における総合的支援体制に関する協定」を締結大規模災害に備えた支援体制を整備
2009年3月 ナポリオートガス株式会社(鹿児島市)の全株式を取得し、当社100%出資となる
2010年1月 当社出資100%の有限会社安田商会が有限会社豊州プロパンを吸収合併し、株式会社筑豊エコア(田川市)設立
2010年5月 北九州西営業所(遠賀郡芦屋町)に当社初の体感型ショールーム「エネるーむ芦屋」を開設
2010年10月 白石営業所(杵島郡白石町)に「エネルームふくどみ」開設
2011年8月 当社100%出資の有限会社ガスメイツの社名を株式会社豊肥エコア(竹田市)に変更
2013年4月 当社100%出資のナポリオートガス株式会社(鹿児島市)を吸収合併
2013年7月 大規模災害発生時の被災地域に対するLPガスの安定供給体制構築を目的とした経済産業省の「中核充填所」として大野城充填所(大野城市)と佐賀充填所(佐賀市)に自家用発電装置・衛星電話設備を新設、日本LPガス団体協議会からの補助金交付が決定
2013年7月 都市ガス事業参画を目的とし、伊藤忠エネクス株式会社から大分県中津市の都市ガス事業を継承
2013年12月 久留米営業所(久留米市)に「エネルームくるめ」開設
2014年12月 熊本市内の小学校3校において発電事業、電力供給・販売事業を開始
2015年4月 熊本瓦斯株式会社(合志市)の全株式を取得し、子会社化
2015年10月 当社100%出資の株式会社筑豊エコア・株式会社豊肥エコアを吸収合併
2015年12月 小売電気事業者登録完了(小売電気事業者登録番号:A0083)
2015年12月 北九州東営業所(京都郡苅田町)をショールーム併設の新事務所「エネルームかんだ」をオープン
2016年4月 電力の小売自由化に伴い、電力「エコアのeでんき」の販売を開始
2016年5月 伊藤忠エネクス株式会社所有の長崎ガス石油基地(長崎市)のガス貯蔵設備を取得
2016年8月 当社100%出資の熊本瓦斯株式会社が狩場ガス住機株式会社(熊本市中央区)の全株式を取得し、子会社化
2016年10月 株式会社はしコーポレーションとの共同出資により当社子会社の株式会社エコア八代ガスセンターの本社を鹿児島県出水市に移転し、株式会社エネルギーライン肥薩を設立
2016年10月 宮崎事業所・宮崎営業所(宮崎市)を移転、ショールーム併設の新事務所「エネルームみやざき」をオープン
2016年10月 販売部による取次店方式による販売店への電力販売を開始
2017年3月 エコア設立10周年記念式典・記念パーティをグランドハイアット福岡にて開催
2017年3月 中期経営ビジョン「ALL ECORE 2021」を策定
2017年4月 通信事業「エコアのeひかり」の販売を開始
2017年9月 中津ガス営業所(中津市)にショールーム併設の事務所、エネルーム中津をオープン
2018年11月 LPガス・石油製品運送業の協燃運輸株式会社(福岡市博多区)の株式を80%取得し子会社化
2019年4月 当社子会社の熊本瓦斯株式会社、孫会社の有限会社燃料よろずやを吸収合併
2019年9月 株式会社熊本LPGセンター(熊本市)へ出資