エコアのお料理レシピ

  • グリル料理

缶詰で簡単!サバのトマト煮

2022.06.01

材料:2人分

  • A.鯖水煮缶 ・・・1缶
  • A.玉ねぎ(小) ・・・  2個
  • A.なす(小) ・・・  1本
  • A.ピーマン ・・・1/4個
  • A.じゃがいも(小) ・・・  2個
  • B.トマト缶 ・・・ 1/2缶
  • B. 料理酒 ・・・ 大さじ2
  • オリーブオイル ・・・ 小さじ1
  • 塩 ・・・小さじ 1/4
  • こしょう ・・・ 適量

作り方

① 玉ねぎは皮をむき、半分にカットする。


② ナスは大き目の乱切りに、ピーマンは種とヘタをとり、縦1/4にカットする。 じゃがいもは皮をむき、大き目の乱切りにして水にさらす。 


③ ココット又は耐熱容器に野菜並べる。


④ 更にサバ缶を軽くほぐして入れる。

ポイント

鯖缶の塩分量(0.9g~2g程度)によって塩加減が変わります。100g あたり2g前後の時は塩不要。


⑤ トマト缶を加え、塩、こしょう、オリーブオイルをかける。 


⑥ 蓋又はホイルを2重に被せて、グリルの中火で15分間加熱する。

ポイント

この時、便利なガス台のグリル機能でココットを選ぶと自動で温度調整して焼き上がり時間を設定してくれます。

佑果先生の旬菜コラム

サバ缶

蓋を開けてすぐに食べられるサバ缶は、どこでも手に入りやすく、調理してもしなくても美味しく食べられることから、今や、食卓に欠かせない人気の食材です。

美味しいだけでなく栄養面でも優秀で、コレステロールや中性脂肪値を下げる働きが期待できる「EPA」「DHA」は生のサバより豊富に含まれているため、生活習慣病予防効果が高いことも嬉しいポイントです。骨の成長を助けるビタミンDも同じく豊富なので、成長期のお子様や骨の健康維持を目指す高齢の方にもおすすめですよ!

ただ、ひとつ注意点は、塩分が高いこと。メーカーによって塩分濃度は違いますが、全体的に塩分が高めなので、余分な調味料は控えて、サバ缶の美味しさと組み合わせる食材の旨みを楽しみたいですね。

高月佑果 先生

食×健康=楽しい!イートムラボ
料理教室企画・運営及び開講サポート
遺伝子検査食事ダイエット指導/レシピ開発・商品開発
福岡市でイートムキッチンスタジオ主催