• グリル料理

シェパードパイ

2017.12.01

材料:2人分

  • 合びき肉・・・150g
  • A.玉ねぎ・・・100g
  • A.にんにく・・・1かけ
  • A.干し椎茸・・・2g
  • A.水(椎茸戻し用)・・・50cc
  • オリーブオイル・・・大さじ1
  • 赤ワイン・・・大さじ1
  • B.トマト缶・・・1/2缶
  • B.塩・・・小さじ1/4
  • B.ケチャップ・・・大さじ2~3
  • B.中濃ソース・・・小さじ1
  • B.砂糖・・・小さじ1
  • じゃがいも(中)・・・3個
  • バター・・・10g
  • 牛乳・・・80cc
  • 生クリーム・・・50cc
  • 塩・・・小さじ1/2
  • パセリ・・・適量

作り方

①A.玉ねぎとにんにくはみじん切りにしておく。干し椎茸は水で戻しみじん切りにする。(戻し汁は残しておく)
フライパンにオリーブオイルを熱しにんにくを炒める。香りが出たら玉ねぎを加えてしんなりするまで炒める。玉ねぎがしんなりしたら合いびき肉を加えて色が変わるまで炒める。 


②赤ワインを加え、みじん切りにした椎茸と戻し汁を加える。B.の材料をすべて加えて水分がなくなるまで煮詰めミートソースをつくる。 


③じゃがいもは丸ごと水から柔らかくなるまで茹でる。
竹串がスッと通ったら皮をむき、マッシャ―で潰す。


④熱い内にバターと軽く温めた牛乳と生クリームを少しずつ加えて滑らかになるまで混ぜ合わせる。

ポイント

じゃがいもが冷めないよう、牛乳や生クリームは予め温めておきましょう。


⑤耐熱容器にミートソースを敷き詰め、上からマッシュポテトをまんべんなく乗せる。フォークの先端でなぞるように型をつける。


⑥魚焼きグリルで焼き色が付くまで焼く。
この時、リンナイガラストップコンロの便利な「ココット」を使うと、焼きむらがなく焼くことができます。

ポイント

どちらも火が入っているので、焼き色がつけばOK!

佑果先生の旬菜コラム

じゃがいも

じゃがいもに多く含まれるビタミンCは通常加熱には弱い栄養素ですが、じゃがいもの場合はでんぷん質で守られているため加熱によるビタミンCの流出が少ないといわれています。

また、一回に食べる量が多い点も効率良く取ることができるポイントです。ビタミンCは単体では体内への吸収率が悪い鉄分やカルシウムの吸収率を上げる働きや美肌に欠かせないコラーゲンの生成を助ける働きがあるため、様々な食材と組み合わせることが栄養価を上げることにつながります。特に、貧血気味の方や骨粗鬆症が気になる方、美肌を目指したい方にピッタリです。

また、じゃがいもはアルカリ性の食品なので、今回のように酸性の肉類との組み合わせもおすすめですよ!じゃがいもは組み合わせる食材を選ばず何にでも合わせることができるのでぜひ日頃のお料理に取り入れたいですね。

選び方

ずっしりと重みがあり皮の表面にしわや傷がないもの。皮が緑がかったものや芽の部分は毒性の強いソラニンを含むためきれいに取り除きましょう。

保存方法

丸ごとのものは風通しのよい場所で保存。日光が当たるとソラニンが発生しやすいので日光の当たらない場所で保存しましょう。

髙月佑果 先生

福岡市でイートムキッチンスタジオ主宰
日本(福岡)栄養士会所属/管理栄養士/調理師