エコアのお料理レシピ

  • グリル料理

グリルでヘルシー タンドリーチキン

2019.03.01

材料

  • A.鶏胸肉・・・1枚
  • A.塩・・・小さじ1/4
  • A.料理酒・・・1/2個
  • B.無糖ヨーグルト・・・100g
  • B.カレー粉・・・小さじ2
  • B.塩・・・小さじ1/2
  • B.こしょう・・・少々
  • B.ニンニクおろし・・・小さじ1
  • C.生姜おろし・・・小さじ1
  • C.ケチャップ・・・小さじ2
  • D.砂糖・・・小さじ1
  • D.シナモンやクミン・・・小さじ1/4

作り方

①鶏むね肉は一口大のそぎ切りにする。

ポイント

むね肉はそぎ切りにすることで柔らかい食感になります。


②ポリ袋に入れ、A.塩、料理酒をもみ込んで15分ほど置いておく。


③②のポリ袋にB.の材料を全て加えてよくもみ込む。そのまま最低1時間(できれば半日以上)漬け込んでおく。


④ココット鍋に余分なタレを取り除いた鶏肉を並べる。


⑤ 蓋をしてグリルにセットし、中火で15分間焼く。

ポイント

この時、ガスコンロの便利なグリル機能を使うと、火力の自動調整で焼きあげることができます。


⑥蓋を取り、焼き目が足りない場合は蓋を外して更に2~3分間焼く。

佑果先生の旬菜コラム

タンドリーチキン

タンドリーチキンは鶏肉をヨーグルトやカレー粉に漬け込んで焼いたインド料理のひとつです。ヨーグルトの効果で鶏肉が柔らかく仕上がるので、パサつきがちな鶏むね肉の調理におすすめです。カレー粉以外にお好みの香辛料を加えるとよりスパイシーな風味がアップしますよ。今回はケチャップや砂糖で甘味をプラスしているので、辛みが苦手なお子さまでも食べやすくなっています。

焼くときは、フライパンでも簡単にできますが、ガスコンロの便利な『グリル機能』のオートメニューを使うと、焦げることなく自動で好みの焼き加減に仕上げることができます。ココット鍋でじっくり焼くと更に鶏肉がジューシーでふっくらとした食感になります。ココット鍋がない場合やオート機能がない場合は、グラタン皿などの耐熱容器にホイルを被せて焼くと、焦げることなくふっくら焼きあげることができますので、ぜひお試しください。

髙月佑果 先生

福岡市でイートムキッチンスタジオ主宰
日本(福岡)栄養士会所属/管理栄養士/調理師