エコアのお料理レシピ

  • グリル料理

グリルで簡単!アクアパッツア風

2019.05.01

材料:2人分

  • A.鯛の切り身・・・2切れ
  • A.塩・こしょう・・・適量
  • オリーブオイル(1)・・・大さじ1
  • あさり(殻つき)・・・150g
  • ミニトマト・・・5個
  • ズッキーニ・・・70g
  • にんにく・・・1個
  • B.料理酒(白ワイン)・・・50cc
  • B.水・・・100cc
  • B.オリーブオイル(2)・・・大さじ1/2
  • B.タイムなどお好みで・・・5枝程度
  • C.塩・・・1g
  • ローズマリーやタイムなど・・・適量

作り方

①A.魚は皮目に切り込みを2~3本入れ、塩・こしょうをふり下味をつけておく。

ポイント

魚は切り身でも良いですが、骨つきの方が出汁がよくでて美味しくなります。


②あさりは殻をこすり洗いし、3%の塩分濃度の塩水につけて砂抜きしておく。
野菜類は食べやすい大きさにカットする。にんにくはみじん切りにしておく。


③ココット又は耐熱皿に魚を並べる。更にあさりやカットした野菜類やハーブなども加える。

ポイント

フレッシュハーブは使う前に軽くもむことで香りがよくなります。


④最後にオリーブオイルをまわしかける。


⑤蓋をしたココットをグリルにセットする。


⑥グリルの中火で12~13分間焼く。

ポイント

この時、便利なグリルのオート機能を使うと、自動で火加減の調整をしてくれます。

佑果先生の旬菜コラム

アクアパッツア

白身魚やあさりなどの魚介類をトマトやオリーブオイルと一緒に煮込んだアクアパッツア。イタリアのナポリ地方の料理で、魚介の旨味が楽しめる人気の料理です。ミニトマトだけでなく、ズッキーニやパプリカなどを加えて彩り豊かに仕上げました。魚は骨つきの方が出汁が良く出るため、丸ごと使用していますが、切り身でつくると魚料理が苦手な方でも手軽につくることができます。

グリル機能を使うと、火加減などの細かい調整をする必要もなく、魚がふっくらと仕上がるのでおすすめです。旨みの強い魚介とトマトの出汁がたっぷりなので、残った出汁はパスタやリゾットにアレンジすると良いですよ。また、フレッシュハーブは軽く揉むことで香りが強くなるので、ぜひ試してみてくださいね。

髙月佑果 先生

福岡市でイートムキッチンスタジオ主宰
日本(福岡)栄養士会所属/管理栄養士/調理師