• コンロ料理

お好み焼き

2020.01.01

材料:2人分

  • A.かつお節・・・2g
  • A.熱湯・・・140cc
  • B.山芋すりおろし・・・60g
  • B.卵・・・2個
  • B.うすくち醤油・・・小さじ2
  • C.小麦粉・・・80g
  • D.キャベツ・・・200g
  • E.豚肉スライス・・・100g
お好み焼きソース
  • F.ケチャップ・・・大さじ3
  • F.中濃ソース・・・大さじ3
  • F.こいくち醤油・・・小さじ1
  • F.はちみつ・・・小さじ1
  • サラダ油・・・適量
  • 青のりや削り粉など・・・適量

作り方

①A.かつお節をフライパンで乾煎りし、ボウルに入れて熱湯を注ぎかつお出汁をとる。
キャベツは粗いみじんぎりにする。 


②冷ましたかつお出汁にB.→C.→D.の順に加えて空気を含ませるようにふんわりと混ぜる。
フライパンにサラダ油を熱し、生地を丸く流し入れる。  


③表面を平らにならし、F豚肉を全面に並べてそのまま弱火で焼き色が付くまで焼く。(目安5分間)

ポイント

この時、ガス台の便利なタイマー機能を使うと、時間をお知らせしてくれます。


④焼き色がついたらヘラで裏返し、生地のまわりを高さが出るようヘラで丸く整える。
フォークなどで数か所穴をあけ、火の通りを良くし、蓋をして7~8分間焼く


⑤ヘラ1本で生地をまっすぐもち上げることができたら、裏返して中火にし、生地がカリッとするまで焼く。


⑥F.の調味料を合わせてお好み焼きソースを作り、⑤の生地にまんべんなく塗る。
お好みでマヨネーズあ青のり、削りぶし粉やかつお節などをかける。

佑果先生の旬菜コラム

冬キャベツ

冬に出回る冬キャベツは夏に種を巻き冬に収穫したもので、別名寒玉キャベツと呼ばれています。
葉の巻きが緩くふわっと軽い春キャベツと比べて、冬キャベツは巻きがしっかりしてずっしりと重みがあるのが特徴です。

葉がやわらかくサラダなどの生食に向いている春キャベツに対し、葉が固い冬キャベツは加熱しても煮崩れしにくいため煮込み料理や炒め物などの加熱調理に向いています。お好み焼きのキャベツも冬キャベツを入れるとシャキシャキとした食感が増し、春キャベツを入れるとフワッとした食感が生まれるので、季節で変えて食感の違いを楽しむこともおススメですよ。

キャベツには抗酸化作用の高いビタミンCや健胃作用の高いビタミンU(キャベジン)が豊富に含まれています。
どちらも水溶性なので水にさらし過ぎないように気を付けましょう。

髙月佑果 先生

福岡市でイートムキッチンスタジオ主宰
日本(福岡)栄養士会所属/管理栄養士/調理師