エコアのお料理レシピ

  • コンロ料理

砂肝と夏野菜のピリ辛炒め

2020.08.01
  • NEW

材料:2人分

  • A砂肝・・・120g
  • A生姜(チューブ)・・・4g
  • A料理酒・・・小さじ2
  • Aこいくち醤油・・・小さじ1
  • B茄子やピーマンなど・・・200g
  • C味噌・・・大さじ1
  • Cこいくち醤油・・・小さじ1
  • Cみりん・・・大さじ1
  • Cにんにく(チューブ)・・・3g
  • C豆板醤・・・3g
  • Cカレー粉・・・小さじ0.5
  • ごま油・・・大さじ1
  • 料理酒・・・大さじ1

作り方

①砂肝は真ん中から半分に切りはなし、側面の薄皮(スジ)の部分を取り除く。

ポイント

薄皮(スジ)部分は加熱すると硬くなるので取り除くことをお勧めします。


②薄くスライスし、Aの調味料をもみ込んでおく。


③Bの野菜類は食べやすい大きさにカットする。
Cの調味料を合わせて、合わせ調味料を作っておく。

ポイント

茄子は皮に切りこみを入れることで火の通りが早くなります。


④フライパンでごま油を熱し、①の砂肝を加えて炒める


⑤色が変わったら野菜類を火の通りにくいものから炒める。
野菜がしんなりしたら料理酒を加える。

ポイント

この時、ガス台の便利な『高温あぶり機能』を使うと、高い温度をキープするので素早く炒めることができます。


⑥Cの合わせ調味料を回しいれ、炒め合わせる。

佑果先生の旬菜コラム

砂肝

砂肝は鶏の消化器官にあたる部分で、コリコリとした食感が特徴です。下処理法がわからない方も多いかと思いますが、砂肝は2つが対になっているので、まずはそれらを切り離し、白いスジのような薄皮を取り除いて調理すると食べやすい食感になります。

砂肝には鉄分やたんぱく質、亜鉛などの栄養素がバランス良く含まれています。鉄分は新鮮な酸素を体の隅々まで届ける働きがあり、貧血予防に役立ちます。亜鉛は新陳代謝を促す働きが期待できるため、女性にとっては美容にも良い食材といえますね。

砂肝と夏野菜を炒めるときは、ガス台の便利な『高温あぶり機能』を使うと、火力を高温のままキープすることができます。短時間で調理するため、砂肝は柔らかく、夏野菜は彩り良く仕上げることができるので、ぜひカラフルな夏野菜のソテーに使ってみてくださいね。

髙月佑果 先生

福岡市でイートムキッチンスタジオ主宰
日本(福岡)栄養士会所属/管理栄養士/調理師