• コンロ料理

油淋鶏

2020.11.01

材料:2人分

  • A.鶏もも肉(約300g)・・・1枚
  • A.塩・・・小さじ1/2
  • A.料理酒・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・大さじ3
  • サラダ油・・・適量
合わせタレ
  • 長ねぎ・・・20g
  • にんにく・・・1かけ
  • 酢・・・大さじ3
  • 砂糖・・・大さじ1
  • 濃口醤油・・・大さじ2
  • ごま油・・・大さじ1

作り方

①【A】鶏肉は常温に戻しておく。身に軽く切り込みを入れ平らにする。
塩、料理酒をもみ込みしばらく置いておく。


片栗粉を全体にまぶす。

ポイント

片栗粉をしっかりまぶすことでカリッとした食感に仕上がります。


③フライパンに多めのサラダ油を熱し、中弱火で皮目を下にしてじっくりと焼く。

ポイント

この時、リンナイガラストップコンロの便利な「高温炒め機能」を使うと、火力をキープしたまま調理できます。


④肉の色が断面の下半分まで変わったら、裏返して中まで火を通す。

ポイント

じっくりと火を通すことで、冷めても皮がパリッとした状態を保つことができます。


⑤合わせタレを作る。
長ねぎ、にんにくはみじん切りにする。小鍋に全ての材料を入れて弱火にかける。砂糖が溶けたら火を止める。


⑥食べやすい大きさにカットした鶏肉にかける。

佑果先生の旬菜コラム

長ネギ

秋から冬にかけて旬を迎える長ネギ。
寒い季節は特に鍋に欠かせない食材として重宝しますよね。
長ネギは白い部分が軟白野菜、青い葉の部分が緑黄色野菜なので、どちらの良い部分も取り入れることができるお野菜です。

抗酸化作用が高く風邪予防効果が期待できるビタミンCや、骨の健康維持に役立つカルシウムやマグネシウムも含むので骨の健康維持にも役立ちます。

栄養成分は白い部分より青い部分に多く含まれていますが、白い部分には昆布の旨み成分として知られるグルタミン酸が多く含まれるため、一緒に取ることで効率良く栄養価を上げつつ、旨みをアップさせることができます。

ネギには体を温める効果があるとも言われているので、気温が下がるこれからの季節におススメです!

選び方

白い部分は乾燥しておらず表面にハリのあるもの。青い部分は緑が鮮やかなもの。全体的にみずみずしく色の濃淡がハッキリしているものが良品です。

保存方法

根付きのものは新聞紙にくるんで冷暗所で立てて保存。カットしたものはラップに包んでポリ袋に入れ、立てて野菜室で保存しましょう。

髙月佑果 先生

福岡市でイートムキッチンスタジオ主宰
日本(福岡)栄養士会所属/管理栄養士/調理師