• グリル料理

ローストチキン

2020.12.01

材料:2人分

  • 骨つきチキン・・・2本
  • *塩・・小さじ1/2
  • *こしょう・・・2g
  • オリーブオイル・・・50cc
  • にんにく・・・1個
  • タイム・・・3~4枝
  • 白ワイン(料理酒)・・・大さじ1

作り方

①骨つきチキンは骨に沿って切り込みを入れる。皮目にはフォークなどで穴をあける。
バットに*の塩、こしょうを入れ、チキンをまんべんなくまぶしておく。


②ジップ付き袋にオリーブオイル、スライスしたニンニク、軽くもんだタイムを入れて、①のチキンを入れ軽くもみ込む。そのまま1時間以上おいておく。

ポイント

時間がないときは30分でもOK。


③ココット鍋の内側に②の漬け込みオイル大さじ1を塗り、チキンの皮目を上にして入れる。漬け込んでおいたタイムやニンニクをチキンの上にのせ、オイルを大さじ1まわしかける。


④チキンの周りの空いたスペースにカットしたジャガイモやブロッコリーなどの野菜を加える。


⑤蓋をしてグリルにセットし、15~20分間焼く。

ポイント

リンナイガラストップコンロの便利な「ココット」と「グリル機能」を使うと、ボタン一つで焼きあげることができます。


⑥焼きあがったチキンや野菜類を皿に盛りつけ、残りの肉汁に白ワイン(分量外大さじ1)を加えて蓋を外して更に3~4分間ほど加熱しグレービーソースを作る。 盛り付けたチキン類にグレービーソースをかける。

ポイント

チキンに焼き目を付けたい場合は、蓋を外してそのまま2~3分間加熱すると、きれいな焼き目がつきます。

佑果先生の旬菜コラム

鶏肉

ジャンルを問わずどんなお料理でも大活躍の鶏肉は、日頃の食生活の中で、最も身近な食材の一つではないでしょうか。

鶏肉は良質なたんぱく質が多いことで有名ですが、他にもビタミンAやビタミンB群などを含む栄養価の高い食材です。
特にビタミンAは皮膚粘膜を保護する働きや免疫力を上げる作用が期待できるため、風邪をひきやすいこれからの季節におススメ。
抗酸化作用の高いビタミンCを多く含む野菜類と一緒に料理することでより風邪予防効果がアップできますよ!

他に、鶏肉にはアミノ酸の一種であるイミダペプチドが豊富に含まれています。
イミダペプチドは疲労回復に効果が高いと近年注目されている成分なので、日頃の食生活に上手く取り入れることで疲れ知らずの体づくりにも役立ちそうですね。

また、皮の部分には女性に嬉しいコラーゲンがたっぷり!
美肌効果が期待できるだけでなく旨み成分も多いので、寒い季節は温かいスープやお鍋に加えて、栄養を丸ごと取り入れていきましょう!

選び方

身の表面がきれいなピンク色でハリのあるもの。
皮は毛穴がハッキリしていて色が黄色っぽいものが新鮮な証拠です。

保存方法

パックから取りだし、肉の汁がついている場合は肉表面の汁気をキッチンペーパーでふき取る。
ラップで包んでチャック付き袋に入れ、冷蔵庫で保存。
長期間保存する場合は冷凍保存しましょう。

髙月佑果 先生

福岡市でイートムキッチンスタジオ主宰
日本(福岡)栄養士会所属/管理栄養士/調理師