エコアのお料理レシピ

  • コンロ料理

鯖缶で簡単!鯖キムチ丼

2021.06.01

材料:2人分

  • A.サバ味噌煮缶・・・1缶
  • B.卵白身・・・2個分
  • C.キムチ・・・140g
  • D.野菜類・・・200g
  • E.ごま油・・・大さじ1
  • F.生姜おろし・・・小さじ1
  • F.にんにくおろし・・・小さじ1
  • G.料理酒・・・大さじ1
  • 卵黄・・・2個分
  • ごま・・・適量
  • ねぎ・・・適量
  • ごはん・・・2杯分

作り方

①Aサバの味噌煮缶は軽くほぐしておく。 B卵は白身と卵黄にわけておく。 Cキムチは粗く刻み、D野菜類は食べやすくカットする。

ポイント

野菜類は市販のカット野菜を活用するとより簡単に出来上がります。


②フライパンにEごま油を熱し、B卵の白身を炒める。


③キムチ、生姜おろし、ニンニクおろしを加え、キムチの水分がなくなるまで炒める。

ポイント

キムチの水分がなくなるまで炒めることでコクとうまみがアップします。


④更にカットした野菜類を加えて炒める。

ポイント

この時ガス台の便利な「高温キープ機能」を使うと、高温をキープしたままシャキッと野菜を炒めることができます。


⑤全体がしんなりしたら料理酒を回し入れ、更にサバの味噌煮缶を加えて全体を炒め合わせる。


⑥丼にごはんをよそい具材の中央に軽くくぼみをつけて盛り付け、卵黄をのせ、 ゴマやネギをかける。

佑果先生の旬菜コラム

サバキムチ丼

人気のサバ缶とキムチや野菜を炒めるだけの簡単丼レシピです。サバ缶は味噌味を使うのでキムチとの相性も抜群です。
サバ缶とキムチの味付けだけで他の調味料もいらず料理が苦手な方でも味付けに悩まず簡単に料理することができます。野菜はカット野菜やもやしなどを使うと、包丁も使わずに調理できますよ。

今回は丼にしていますが、うどんと炒めて「サバキムチやきうどん」にしたり、たっぷりの水を足してスープにしてもOK!また、サバ缶には必須脂肪酸のDHAやEPAが多く含まれており、調理が簡単なだけでなく、栄養面でもおすすめです。
特にEPAには中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあるといわれているので、おうち時間が増えてダイエットを考えている方にピッタリですよ!

高月佑果 先生

福岡市でイートムキッチンスタジオ主宰
日本(福岡)栄養士会所属/管理栄養士/調理師