エコアのお料理レシピ

  • グリル料理

キムチーズグラタン

2022.03.01

材料:2人分

  • A.豆腐3パック入り ・・・ 2パック
  • A.ブロッコリー ・・・  80g
キムチダレ
  • B.キムチ ・・・ 140g
  • B.牛乳 ・・・ 大さじ2
  • B.マヨネーズ ・・・ 小さじ4
  • B.とろけるチーズ ・・・ 20g

作り方

① A豆腐とブロッコリーを一口大にカットし、塩ひとつまみを入れた熱湯で下茹でする。 ザルに上げて水気を切る。 


② キムチを粗く刻む。


③ ボウルにBキムチダレの材料を混ぜ合わせる。この時、チーズは半分残しておく。


④ ココット又はグラタン皿に①の豆腐とブロッコリーを並べる。 


⑤ Bのキムチダレをかけ、残りのチーズをのせる。 


⑥ グリルの中火で5~6分間焼く。

ポイント

ガス台のグリル機能でココットを選ぶと自動で温度調整して焼き上がり時間を設定してくれます。

佑果先生の旬菜コラム

キムチ

韓国料理に欠かせないキムチ。白菜、大根、きゅうりなどの野菜を唐辛子や塩、アミの置き漬けなどと一緒に漬け込んで熟成・発酵させた韓国の保存食でもあります。発酵の過程で、乳酸菌やビタミン類が増えるため栄養価も高く、整腸作用や消化を助ける働きが期待できるといわれています。

乳酸菌は腸内環境を整える働きがあるため、美容効果の高い食品としても注目されています。どこでもすぐに手に入るキムチですが、最近のキムチは発酵されていないものも多いことが現状です。キムチを選ぶときは、熟成度のメーターが示してあったり、熟成マークが印されているものを選ぶようにされると良いですよ!

購入して時間が経つとともに酸味が出るのは発酵している証拠。酸味が出たキムチは今回のレシピのように加熱したり、鍋料理にすると最後まで美味しく食べることができます。ぜひ発酵段階での味や酸味の違いも楽しんでみてください。

高月佑果 先生

食×健康=楽しい!イートムラボ
料理教室企画・運営及び開講サポート
遺伝子検査食事ダイエット指導/レシピ開発・商品開発
福岡市でイートムキッチンスタジオ主催